お肌を美しくするにはやっぱり食生活?

①お肌を美しくするには?

 

女性なら思春期の段階からずっといくつになっても「きれいな肌でいたい」「若く見られたい」と思うものですよね。

まあさすがに10代20代の頃には若く見られたい、とまでは思わないにしても、やっぱりお肌はつややかでハリがあって…というのが理想ですよね。

だけど思春期にはニキビや油っぽさで悩んだり、20代30代ではメイクするせいなのか、なんだかトラブル肌になってみたり乾燥してみたり、大人ニキビができてみたり…さらに40代を超えるとハリが失われる、シミができる、こんなとこにしわ?!なんてことになったり。

でもどうしたらそういったお肌のトラブルにならずにすむのかしら?

いまだから分かりますけど、やっぱり「美しい肌は健康な身体から」ということです。

これはきっぱり断言できますね!

不摂生をしてたり寝不足したり、偏った食生活をしていたら、どんな高級化粧品を使ってもだめ!

健康マニアになったらいつのまにか、肌のトラブルもなくなったんですよ。

 

②いつまでもハリを保ちたい!

 

お肌って20代ではそこそこ無茶してても、まあ「若さ」でなんとか回復してきてくれたものですが、そういった無茶を繰り返していると、地味にその無茶が蓄積してきて、30代40代になったら一機にツケが押し寄せてきます。

ですからとにかく10代20代のころから正しい生活習慣を身に着けてしまうことが、いつまでもハリのある美しいお肌を保つ秘訣といえるでしょう。

でもどういった生活習慣を身につけたらいいのか?と思う人もいると思います。

実際私もさすがに20代の頃にはこういった考えではなかったので、適当に生活していたなぁ…と今頃ちょっとばかし後悔するポイントもあったりして。

生活習慣のなかで当たり前なのは、「保湿やUVケア」ですよね。

正しいお肌を労わる洗い過ぎない洗顔と保湿、そして肌のハリを失わせ乾燥させ、しわまでつくるUVを完璧にカットしてしまうこと。

でも…実は一番重要なことはそんなんじゃなくて、「食生活」なんですよね!

 

③医食同源って?

 

みなさん医食同源っていう言葉、聞いたことあるんじゃないでしょうか?

実際人間が生きていくには、エネルギーを得る必要があって、それが「食生活」ということは誰でもわかると思いますが、今の日本はとにかく食べるのに困らないし、おいしいものが溢れているので、適当においしいものばかり食べている人が多いんじゃないかと思います。

しかし!!それはお肌のことだけじゃなく健康面でも本当に「NG」です!!

実際今食べているものが、未来の自分の身体、そしてお肌や髪になるのですから、適当に好きなものばかり食べていたらそういった成分に偏った身体、お肌に髪になっちゃいますからね。

お肌や髪って、その人の身体の健康状態を映し出す「バロメーター」ですから、実際ガンなんかにかかっている人の顔を見るとどす黒くて、どう見ても病院の顔ですよね。

それを肝に銘じ、まず身体の健康状態を整えることイコール、美しいお肌や髪になるということを忘れずに!

カテゴリー
  • カテゴリーなし
お気に入り